燃費 - Fuel consumption - 壁には

01.本当の省エネルギー住宅とは断熱・気密に優れた家のこと

当社がつくる家の全てに『外断熱工法』を行っています。外断熱工法で大切なのは、断熱性と気密性が高いこと。断熱性が高いということは、外気の気温に左右されることなく、室内を一定の温度に保つという特長があります。夏は涼しく、冬は暖かくいつまでも快適な室温を維持することが可能です。

02.九州では智建ホームだけ。キューワンボードの相尺加工をアキレス株式会社と提携

智建ホームがつくる「外断熱塗り壁の家」では、通気層を設けて外気の影響を受け難くするため、「アキレス キューワンボード ノンフロン」を採用。きちんとした施工を行うため九州では弊社だけ相尺り加工を取り入れています。
アキレス株式会社様サイトはこちら

「断熱+遮熱」のハイブリット効果。低炭素社会に向け進化した断熱材

安全性

ホルムアルデヒド(揮発性有機化合物)、アスベスト、フロンなどは一切使用していません。

難燃性

遮熱性能に優れた赤外線高反射タイプのアルミ箔面材付きです。
アルミ箔面材は水蒸気や紫外線から保護するほか、難燃性の向上も期待できるといわれており、省エネルギー住宅に貢献する素材として期待されています。

省エネ性

キューワンボードは経時断熱性能に優れた高性能硬質ウレタンフォームと、遮熱性能に優れた新タイプのアルミ箔を採用。「フォーム」と「面材」の力で省エネルギーに貢献します。